公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

10号地・浮野の里

氷河期に形成された地下谷の上に悠久の時を経て浮かぶ湿原が浮野です。名称は広い地域の一部が、昭和22年の利根川決壊時、浮上していたことが確認されたことに由来します。地形の特異性から高山性の希少植物が自生しています。

周辺は昔ながらの面影を残す田園地帯で、新田開発の名残をとどめる田掘、クヌギ並木、屋敷林等の自然や歴史的資源が残されている地域です。

4月初旬、希少種のノウルシが広大な面積を黄色の絨毯で飾ります。6月第2週にはあやめ祭りが開催され、女船頭による田舟運航などで賑わいます。1月下旬にはヨシ原の野焼きが行われます。

人気イベント・活動の力点

  • あやめ祭りへの協力
  • 1年を通した雑木、雑草の刈り取り
  • 近年は、花菖蒲園の再生活動に注力

10号地の様子


地図

アクセス

  • 東武伊勢崎線「加須」駅から朝日バス 大越馬場行(約10分)「三俣」バス停下車 (うきや橋まで)徒歩20分
  • 加須市役所から市内循環バス「北循環コース」、「浮野の里」下車(1日2本運行、日曜日運休)約30分
  • 駐車場15台駐車できます

周辺の見どころ

  • 加須未来館
  • 利根川河川敷緑地公園
    利根川の雄大な流れとともに、四季折々の自然と、春には菜の花が河川敷一面に咲き乱れ、訪れる人を楽しませてくれます
  • さいたま水族館

その他

正式名称浮野の里
うきやのさと
所在地加須市北篠崎・多門寺
面積86,065平方メートル
取得経費5,500万円
取得年度平成20年度

県内の保全地で様々なイベントを開催しています、ぜひ遊びにきてください!

開催イベントの一覧

大切な自然を守るために、一歩を踏み出してみませんか

入会のご案内

皆さまの寄附がトラスト運動の大きな推進力となります

寄付のお願い

公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

〒330-0063
さいたま市浦和区高砂3-12-9
埼玉県農林会館内