公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

3号地・武蔵嵐山渓谷周辺樹林地

大平山(178.9m)の斜面と槻川の流れが一体となって、美しい渓谷美を作り出しています。この「武蔵嵐山渓谷周辺樹林地」がトラスト3号地です。この地は、昭和3年ここを訪れた本多静六林学博士が「これは武蔵嵐山だ」とつぶやいたことがきっかけで、マスコミに取り上げられ、広く知られるようになり、「嵐山町」の町名の由来にもなりました。

見所は、「谷川橋、山の神と一枚岩(遠山口)」、「嵐山町名発祥之地の碑、料亭の風呂跡と火災の跡(展望所)」、「与謝野晶子歌碑とススキ原(細原)」、「冠水橋(千手堂口)」など。余力があれば、大平山登山もおすすめです。四季折々季節に合った楽しみがありますが、特に11月末の紅葉はお見逃しなく。

人気イベント・活動の力点

  • トラスト地の散策とシイタケのコマ打ち(公募します)
  • コナラ、クヌギなどの間伐
  • 草刈りなど遊歩道及び周辺の整備
  • 在来種を守るためオオブタクサなど外来種の駆除

3号地の様子


地図

アクセス

  • 東武東上線武蔵嵐山駅西口からイーグルバス休養地入口・十王堂前経由せせらぎバスセンター行き約8分「休養地入口」下車約1.2㎞(徒歩約20分)

  • 遠山口に約40台の駐車ができます

周辺の見どころ

その他

正式名称武蔵嵐山渓谷周辺樹林地
むさしらんざんけいこくしゅうへんじゅりんち
所在地嵐山町大字鎌形
面積135,038平方メートル
取得経費約11億6,500万円
取得年度平成9年度

県内の保全地で様々なイベントを開催しています、ぜひ遊びにきてください!

開催イベントの一覧

大切な自然を守るために、一歩を踏み出してみませんか

入会のご案内

皆さまの寄附がトラスト運動の大きな推進力となります

寄付のお願い

公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

〒330-0063
さいたま市浦和区高砂3-12-9
埼玉県農林会館内