公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

5号地・山崎山の雑木林

大宮台地の端が低地と接する位置にあり、埼玉県東部地域に残された数少ない雑木林です。都市化が進むこの地域の中では、自然豊かな貴重な存在となっています。

隣接する水田には、江戸時代中期の開墾当時の様子を残す「ほっつけ」が現存し、周辺を含む一帯は、雑木林、水田、集落(屋敷林)がバランス良く配置され、多様な生物が生息するとともに、ふるさと埼玉の東部地域における原風景を感じさせます。

保全地は、交通の便がよく自動車でも電車でも訪れやすく、お隣の「新しい村」とも一体的に楽しむことができます。

※「ほっつけ」(掘上田)とは、沼地など水がたまりやすい地域の水田開発の手法。沼底を更に掘り込み、そこからでた土を周囲に盛り上げ耕作面のかさ上げをして、排水不良による水腐れ等の被害を軽減させた。

人気イベント・活動の力点

  • 秋に山崎山トラスト祭を開催(公募します)
  • 定例的にこども達とともに自然観察会を実施(公募します)
  • 自然の恵みを活かしたクラフト体験の実施
  • シイタケの原木栽培をしている

5号地の様子


地図

アクセス

  • 東武伊勢崎線「東武動物公園」駅西口から約1km(徒歩約15分)

周辺の見どころ

関連サイト

その他

正式名称山崎山の雑木林
やまざきやまのぞうきばやし
所在地宮代町字山崎
面積12,212平方メートル
取得経費約1億5,000万円
取得年度平成13年度及び25年度

県内の保全地で様々なイベントを開催しています、ぜひ遊びにきてください!

開催イベントの一覧

大切な自然を守るために、一歩を踏み出してみませんか

入会のご案内

皆さまの寄附がトラスト運動の大きな推進力となります

寄付のお願い

公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

〒330-0063
さいたま市浦和区高砂3-12-9
埼玉県農林会館内