公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

秋の自然観察会

狭山丘陵北東部にある狭山丘陵・雑魚入樹林地(緑のトラスト保全第2号地)の周辺一帯は、雑木林、湿地、斜面林、狭山湖など多様な自然環境から構成される動植物の宝庫です。当協会では、県民の皆さんに、住宅地に隣接したこの豊かな自然環境に関心を持っていただくため自然観察会を開催いたします。中秋の一日、ミゾソバ、ムラサキシキブなどの草花を愛でながら、狭山丘陵を歩きませんか?

さいたま緑のトラスト運動のより一層の普及啓発を図ることを目的とした「さいたま緑のトラスト写真コンクール」を実施しています。

令和4年度として、第23回さいたま緑のトラスト写真・動画コンクールの作品を募集します。

 

第23回写真・動画コンクール チラシ表 お知らせ

第23回写真・動画コンクール チラシ裏 募集要項

 

 

 

 

 


黒浜沼とその周辺は、9科33種類のトンボが確認できるトンボの

宝庫です。ちいさなアジアイトトンボから大型のウチワヤンマまで様々な

トンボを観察することができます。

沼周辺を散策しながらトンボを探してみませんか。

散策の後は、採取したトンボや水辺の環境についての

お話があります。子供から大人まで楽しめる観察会なので

是非御参加ください!

今年も緑のトラスト募金が始まりました。

ふるさと埼玉の優れた自然や環境を、次の世代に残すため、皆さまのご寄附で、緑のトラスト保全地を取得し、ボランティアを中心に保全活動を行っています。

皆さまのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

詳しくは、「緑のトラスト基金へ寄附」のページをご覧ください。

広報紙「グリーンアルファ」は、平成元年(1989)8月1日に第1号が発行されました。現在は年4回発行され、トラスト協会会員、緑のトラスト基金大口寄附者、県、市町村、関係団体に配布しています。

バックナンバーはこちらでご覧いただけます。

グリーンアルファ129号 [776.9KB]
令和4年7月1日 

「改めてトラスト地の意義を考える」
         (公財)さいたま緑のトラスト協会 理事長 太田 猛彦 


グリーンアルファ128号 [765.3KB]
令和4年4月1日

「自然や人とのかかわり『緑を守る』」
    事務局 三好 誠


グリーンアルファ127号 [741.1KB]
令和4年1月1日

「未知の価値観と共生の考えかた」
    前法政大学地理学会会長 中能 孝則


グリーンアルファ126号 [778.8KB]
令和3年10月1日

「三つ子の魂百まで」
公益財団法人 社会教育協会 理事
       NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟監事 中能 孝則


グリーンアルファ125号 [732.2KB]
令和3年7月1日

「都市の緑」
一般社団法人 埼玉県造園業協会 会長
       ものつくり大学客員教授 渡邉 進


グリーンアルファ124号 [748.8KB]
令和3年4月1日

「トラスト協会発足36年 今後の姿を考える」
NPO法人 いろいろ生きものネット埼玉 代表理事 脇坂 純一


グリーンアルファ123号 [1.9MB]
令和3年1月1日

「冬の楽しみー薪割り日記ー」
公益社団法人 埼玉県緑化推進委員会 代表理事 松村 一郎


グリーンアルファ122号 [1.9MB]
令和2年10月1日

「埼玉の森林を守ろう!~森林病害虫について~」
(公財)さいたま緑のトラスト協会 理事 安井 敏晃


グリーンアルファ121号 [1.8MB]
令和2年7月1日発行

「多面的に考えること<森林の多面的機能>」
(公財)さいたま緑のトラスト協会 理事長 太田 猛彦


グリーンアルファ第120号 [1.9MB]
令和2年4月1日発行

「将来の森林ボランティアの育成」
山崎山の雑木林(緑のトラスト保全第5号地) 代表 八木橋 孝雄

「保全地で開催のイベントを紹介」
さいたま緑のトラスト協会事務局


グリーンアルファ第119号 [2.0MB]
令和2年1月1日発行

「開発されることのないトラスト地における生物調査の意義・生き物ハンドブック(動物編)を作りました」
(公財)さいたま緑のトラスト協会理事 小峯 昇


グリーンアルファ第118号 [1.8MB]
令和元年10月1日発行

「ボランティアの楽しみ 畑編」
さいたま緑のトラスト協会事務局


グリーンアルファ第117号 [1.8MB]
令和元年7月1日発行

「お伝えしたい緑のトラスト運動へのご協力」
さいたま緑のトラスト協会事務局


グリーンアルファ第116号 [1.9MB]
平成31年4月1日発行

「NPO法人 埼玉森林サポータークラブ」
NPO法人 埼玉森林サポータークラブ 会長 霜觸 賢


グリーンアルファ第115号 [3.3MB]
平成31年1月1日発行

「進むトラスト地の取得-10年間で全国51ヵ所-」
公益社団法人 日本ナショナルト・ラスト協会 常務理事 堂本泰章


グリーンアルファ第114号 [3.4MB]
平成30年10月1日発行

「競売で取得したトトロの森」
公益財団法人 トトロのふるさと基金 専務理事 荻野豊


グリーンアルファ第113号 [1.7MB]
平成30年7月1日発行

「危機に瀕する見沼たんぼ地域の斜面林」
未来遺産・見沼たんぼプロジェクト推進委員会 事務局長 北原典夫


グリーンアルファ第112号 [3.4MB]
平成30年4月1日発行

「~未来に残したい大切な場所/無線山・KDDIの森~緑豊かな自然環境と歴史的環境を守るため、今後も積極的に自然環境保全活動に取り組んで行きます!」
KDDI株式会社 理事 北関東総支社長 竹迫伸二

緑のボランティアセミナーについて

セミナーでは、里山管理に関する講義、野外活動時における危機管理、観察実習など、自然体験活動の基礎から実践まで学ぶことができます。 また全カリキュラムを修了し、登録手続きをされた方は、全国体験活動指導者認定委員会が認定する自然体験活動指導者の資格を取得できます。 埼玉の自然環境や緑の保全に関心のある方、既に活動中の方のご参加もお待ちしております。

 

 

概要

対象 18歳以上、セミナー修了後、ボランティアスタッフとして協会の活動に参加できる方
定員御 30名(申込順)
受講料

会員 6,000円(全6回分 保険、教材費等含む)
一般 7,500円(年会費、全6回分 保険、教材費等含む)

 

電話(048-824-3661)または申込みフォームよりお申し込みください。

 

締切

令和4年8月26日(金)

 

セミナー日程

  • 日程、会場等は変更する場合があります。
  • 第6回(11月12日)のセミナーは、会員ならびに関係者の方ならどなたでもご参加いただけます。
  • CONEとはNPO法人自然体験活動推進協議会の略称です。詳しくはNPO法人自然体験活動推進協議会のウェブサイトをご覧ください

 

時刻 プログラム 講師
第1回 9/4(日) さいたま市浦和区・埼玉会館
09:10 受付  
09:25~9:40 開講式:あいさつ
副理事長(NPO法人埼玉県絶滅危惧植物種調査団代表理事)

牧野 彰吾

09:50~10:50 緑のトラスト運動及び協会の歩み
常務理事(トラスト 1号地ボランティアスタッフ代表)

梶間 幹一郎

11:00~12:00 ガイダンス
自然体験活動推進協議会 CONEトレーナー/主任講師

中能 孝則

13:00~13:30

自己紹介・その他
事務局

富永 誠一郎

13:40~15:20 実技:植物の観察
副理事長(NPO法人埼玉県絶滅危惧植物種調査団代表理事)

牧野 彰吾

第2回 9/17(土)所沢市トラスト2号地(雨天時:小手指公民館
09:10 受付  
09:15~10:15 トラスト地の特性とその活用術
副理事長(NPO法人埼玉県絶滅危惧植物種調査団代表理事)

牧野 彰吾

10:25~11:25 雑木林の保全-里山の遷移について
11:35~12:35 埼玉の植物の現状
NPO法人埼玉県絶滅危惧植物種調査団理事

山下 裕

13:35~15:35 実技:観察指導法

第3回 10/1(土) 北本市・サンアメニティ北本キャンプフィールド(北本市野外活動センター)・トラスト8号地

09:10 受付  
09:15~10:15 ボランティアのリスクマネジメント
行政書士

 

10:25~11:55 実技:参加者に応じた指導要領
理事(森林インストラクター・自然観察指導員)

加倉井 範子

11:55~13:30 トラスト保全地散策~昼食
トラスト8号地 ボランティアスタッフ代表

佐山 一男

13:30~14:30 体験活動普及啓発方法論
理事(埼玉県絶滅危惧動物種調査団副代表)

小峯 昇

14:40~15:40 埼玉の動物の現状
第4回 10/16(日) さいたま市浦和区・埼玉教育会館
09:50 受付  
10:00~12:00 実技:救急手当と応急手当
日本赤十字社指導員

 

13:00~14:00 実技:野外活動における安全の確保
浦和学院高等学校教頭

三上 幸子

14:10~15:40 青少年教育と体験活動
自然体験活動推進協議会CONEトレーナー/主任講師

中能 孝則

第5回 10/29(土) 嵐山町・トラスト3号地(雨天時:嵐山町ふれあい交流センター

09:50 受付  
10:00~12:00 実技:埼玉の自然の姿
NPO法人埼玉県絶滅危惧植物種調査団理事

山下 裕

13:00~16:00 実技:自然遷移と間伐
林業・木材製造業労働災害防止協会 技能師範

上野 徳也

第6回 11/12(土) さいたま市浦和区・埼玉会館
09:15 受付  
09:30~10:30

講話「埼玉の自然は何処へ向かおうとしているのか ~植物植生に注目した環境の変異~ 」

副理事長(NPO法人埼玉県絶滅危惧植物種調査団代表理

牧野 彰吾

10:40~11:40 講話「見沼田んぼでの保全活動」 
NPO法人エコ・エコ代表理事

加倉井 憲一

11:50~12:20 自然体験指導者 認定試験
自然体験活動推進協議会CONEトレーナー/主任講師

中能 孝則

13:20~14:50 講話「仮題:持続可能な森林資源の活用」
理事長(東京大学名誉教授)

太田 猛彦

15:00~15:20

認定証書交付式

理事長(東京大学名誉教授)

太田 猛彦

 

セミナー日程表のダウンロードはこちらからセミナー日程表

 

 

 

 

2021年8月2日から12月3日までの応募期間に、1312点(320人)の応募を受け付けました。たくさんのご応募ありがとうございました。

審査の結果、写真部門では「トラスト保全地の部」13作品、「身近な緑の部」13作品、動画部門2作品、計28作品を入賞作品として選出いたしました。詳しくは、埼玉県環境部みどり自然課のページをご覧ください。              (以下敬称略)

トラスト保全地の部                       

 最優秀賞 【写真 郵送部門】


「霧の朝」 市川 淑子
撮影場所:浮野の里(10号地)


 最優秀賞 【写真 Instagram部門】


「シロスジカミキリ」 小堀 文彦 @kobori_fumihiko   
撮影場所:高尾宮岡の景観地(8号地)


 優秀賞 【写真 郵送部門】


「早春の黒浜沼」 𠮷川 忠雄
撮影場所:黒浜沼(11号地)


 優秀賞 【写真 Instagram部門】


「強風で波立つ黒浜沼」  平山 泰広 @_yhnworld 
撮影場所:黒浜沼(11号地)


 優良賞 【写真 郵送部門】


「森への窓口」 清宮 幸雄 
撮影場所:黒浜沼(11号地)


  優良賞   【写真 郵送部門】


「森の守り人」 小堀 哲義
撮影場所:堀兼・上赤坂の森(9号地)


 優良賞  【写真 郵送部門】


「のっぺらぼう虫(産卵を見守るオスのエゴヒゲナガゾウムシ)」 権田 則子
撮影場所:堀兼・上赤坂の森(9号地)


  優良賞   【写真 Instagram部門】


「嵐山渓谷のエナガちゃん」 角張 洋司 @aira_photos
撮影場所:武蔵嵐山渓谷周辺樹林地(3号地)


    優良賞  【写真 Instagram部門】


「森の王様」 樋口 幸太郎 @gccfortran
撮影場所:武蔵嵐山渓谷周辺樹林地(3号地)


身近な緑の部

    最優秀賞   【写真 郵送部門】

「山透けて月昇る」 野原 清

撮影場所:長瀞町


    最優秀賞   【写真 Instagram部門】                        


「新緑の清流」 角張 洋司 @aira_photos
撮影場所:寄居町


 優秀賞  【写真 郵送部門】


「新緑の季節」 細井 哲也
撮影場所:さいたま市桜区


  優良賞   【写真 Instagram部門】


「朝にかがやく」 石井 守彦 @ishimori19800
撮影場所:春日部市


  優良賞   【写真 郵送部門】


「落葉掻き」 分須 洋子
撮影場所:児玉郡美里町


 優良賞    【写真 郵送部門】

「朝霧」 優良賞戸津井 直次郎
撮影場所:秩父郡皆野町


 優良賞 【写真 郵送部門】


「森の不思議」 庄司 博
撮影場所:飯能市


 優良賞  【写真 Instagram部門】


「緑の世界」 髙橋 恵理 @eriii28
撮影場所:滑川町


 優良賞  【写真 Instagram部門】

「天空のつつじ」 新井 あゆみ @xinjingayumi6

撮影場所:優良賞寄居町


 

 

 

 

スラックラインとは、弾力性のあるベルト状のラインを綱渡りのように歩いたり、
ジャンプしたりするスポーツです。

開催地となる飯能河原周辺では、カワセミやダイサギ、トビなど様々な野鳥を観察することができます。
河原で耳を澄ますと、清流に棲むカジカガエルの綺麗な鳴き声が聞こえてきます。
また、林床では、ヤマエンゴサク、ヒメウズといった可愛い花が咲きます。

こうした動植物を観察しながら、森の中でのスラックラインに挑戦してみませんか。

ココロとカラダのリフレッシュ効果も抜群です。
気分転換だけでなく、足腰、バランス能力、体幹のトレーニングにもなります。
新緑がきれいな飯能の雑木林を満喫しながら、みんなで楽しく体を動かしましょう。

春の自然観察会とタケノコ掘りを開催いたします。
トラスト保全地とその周辺の散策を行い、身近な春の生き物や植物を探してみませんか。観察会の後は、心地のよい竹林の中で旬のタケノコ掘りです。タケノコを上手に掘り上げるには意外とコツが必要です。大きなものが採れると楽しいですよ!初めての方でも、当協会ボランティアスタッフがお手伝いしますので、安心してご参加いただけます。皆様のご応募お待ちしております。

春の自然観察会とタケノコ掘りを開催いたします。
トラスト保全地とその周辺の散策を行い、身近な春の生き物や植物を探してみませんか。観察会の後は、心地のよい竹林の中で旬のタケノコ掘りです。タケノコを上手に掘り上げるには意外とコツが必要です。大きなものが採れると楽しいですよ!初めての方でも、当協会ボランティアスタッフがお手伝いしますので、安心してご参加いただけます。皆様のご応募お待ちしております。

大切な自然を守るために、一歩を踏み出してみませんか

入会のご案内

皆さまの寄附がトラスト運動の大きな推進力となります

寄付のお願い

公益社団法人さいたま緑のトラスト協会

〒330-0063
さいたま市浦和区高砂3-12-9
埼玉県農林会館内