トップページイベントスタッフ研修 >専門研修会>平成17年度スタッフ専門研修会第3回


平成17年度スタッフ専門研修会第3回

■年月日 平成18年1月11日
■天気 晴れ
■場所 北本市野外教育センター 北本トラスト8号候補地
■講師 牧野理事 小峯理事
■参加人数 18名

 快晴の日の午後、北本トラスト8号候補地に隣接する北本野外教育センターで第3回ボランティアスタッフ専門研修会が行われました。候補地内の常緑樹の葉を採集しました。その後、小峯理事と牧野理事の講義が行われました。最後に第2回目に持ち越されたグループ討議の発表が行われました。

自然観察 「常緑樹の特徴」 講師 牧野理事
講義 「里山の野鳥及び普及啓発の基本」 講師 小峯理事
グループ討議発表

候補地で自然観察

常緑樹-対生の葉は2枚、互生の葉は1枚採取しました
事務局からの説明


【研修生のメモから】
「里山の野鳥及び普及啓発の基本」小峰理事 小峰理事流自然観察法①あまり名前にこだわらない②よく見るものは覚えている。基本をしっかり身に付ける③たくさん覚えない。少し覚えて少し忘れる④記録と収集⑤身近なものへの関心を高める(雑学の知識)
里山の野鳥 ハシボソガラス ハシブトガラス ミヤマカラス コクマルカラス ツグミ シロハラ アカハラ トビ ノスリ オオタカ サシバ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ アオゲラ メジロ ウグイス 形態的特徴と声

「常緑樹の観察 落ち葉、野焼きに注意しよう」牧野理事 樹木観察 個体差が大きいので弾力性をもって観察すること。地上部の枯れるものは草。枯れないものは木。ササは木に入る。単葉か複葉かは芽があるかないかで判断。野焼きに注意 廃棄物は燃やしてはいけない。枯草や枯れ木の焼却は可。各市町村条例(具体的に書かれていることあり)を確認すること。