トップページイベント自然に親しむ会>トラスト保全地の自然観察とタケノコ掘りを楽しむ

自然に親しむ会
トラスト保全地の散策とタケノコ掘りを楽しむ 開催報告

 毎年ご好評をいただいておりますこのイベント。今年も応募者多数のため抽選を行い、56名の方にご参加いただきました。
 4月は不安定な天候が続いておりましたが、幸いにもこの日は天候に恵まれ、タケノコも無事に収穫でき、参加者の皆さんに笑顔で楽しんでいただくことができました。ご協力頂きましたスタッフの皆様ありがとうございました。

日 時 平成22年4月29日(木・祝)
会 場 見沼田圃周辺斜面林(トラスト保全第1号地)
天 気 晴れ


★自然観察
午前中当協会の牧野理事、小峯理事より植物及び野鳥観察の視点について説明を受けた後、保全地の周辺を散策しながら自然観察を行いました。
 
牧野理事からは「植物」の観察の視点をご説明いただきました。 小峯理事からは「野鳥」の観察の視点をご説明いただきました。 ケガの無いように、まずはストレッチ運動から始めます。
自然観察に出発!
なにが見つかったのかな?
ちょっとした道ばたにも観察ポイントはたくさんあります。 子ども達だけでなく、大人も自然観察を楽しみました。


★タケノコ掘り
お昼休憩のあとは皆さんお待ちかね!タケノコ掘り体験を行いました。
 
タケノコ掘りは班ごとに分かれて行いました。 まずはボランティアスタッフがお手本に掘ります。 タケノコ掘りならお父さんに任せろ!
タケノコはシャベルでも掘れます。 採れた! 竹林のあちこちから楽しい声が響き渡りました。


★クラフトコーナー
 コマやメモスタンド、ワラ縄つくり、竹の輪投げなど、今年もボランティアスタッフの皆さんが工夫を凝らしたクラフト体験コーナーも用意され、子ども達が夢中になって遊んでいました。
 
ワラ縄つくり体験コーナーです。 こちらは竹切り体験コーナー。
竹はもちろん1号地の竹です。
メモフォルダ。
それぞれ好きな木の実をつけて作ります。
これは竹の輪投げです。 竹の楽器。
たたくと不思議な音色がします。
竹で作った剣玉です。
なかなか上手ですね!



トラスト保全第1号地(見沼田圃周辺斜面林)についてはこちらをご参照ください。