トップページイベント自然に親しむ会>秋の7号地とアーバンみらいの渡り鳥

自然に親しむ会
秋の7号地とアーバンみらいの渡り鳥 開催報告

日時 平成21年11月22日(日) 8:30~12:00
 
会場 小川原家屋敷林(トラスト保全第7号地)~深作川遊水池
 
天気 くもり 時々 雨
 
参加 一般・会員 27名


 緑のトラスト保全第7号地で秋の木の実観察などをした後に、アーバンみらいの深作川遊水池をゴールに設定して探鳥会を行いました。当初は7号地から綾瀬川沿いに南下してアーバンみらい遊水池へ向かう予定でしたが、下見の段階でまだそちらにはカモ類があまりいないとの事で、綾瀬川を途中でそれて、春野小学校方面へ向かうルートへと変更になりました。
 22日は天気予報では午前中は雨が降らないとのことでしたが、残念ながら朝受付が始まるとばらばらと降り始めてしまいました。断続的に雨の降る寒さの厳しい天候となりましたが、カルガモやマガモ、カワセミなどをはじめ多数の鳥類が観察出来る充実した観察会でした。
 参加者の皆様お疲れ様でした!



★7号地自然観察
最初に7号地の自然観察を行いました。 きのこ発見!
どこにあるか分かりますか?
細かい枝もこうして積み上げて虫たちのすみかに再利用しています。


★探鳥会
まずは綾瀬川で小峯先生に雄と雌の違いを説明して頂きながらカルガモとマガモの観察を行いました。 電線や道沿いの茂みなど、身近な場所にもたくさん鳥がいます。 深作遊水池ではカモ類を中心とした水辺の鳥が多数観察出来ました。


緑のトラスト保全第7号地地図はこちらのページをご覧ください。