トップページイベント自然に親しむ会>親子でトラスト保全地の自然観察とタケノコ掘りを楽しむ
自然に親しむ会
親子でトラスト保全地の自然観察とタケノコ掘りを楽しむ

■ 日時 平成21年4月29日(水・祝) 午前10時から午後2時
■ 会場 
見沼田圃周辺斜面林(みぬまたんぼしゅうへんしゃめんりん)(トラスト保全第1号地、さいたま市緑区)
■ 天気 晴れ
■ 参加 一般・会員55名
 県との共催で、1号地の自然観察とタケノコ掘り体験のイベントを開催しました。
 今回はご好評により700名を超えるお申し込みがあったため、抽選を行い、55名の方にご参加いただきました。


 
★自然観察
 午前は、自然観察で見沼代用水沿いや斜面林の裏手などを散策しました。
天気に恵まれ、
絶好の観察日和となりました。
この木なんの木?
道々の草花や昆虫もボランティアスタッフが
中心となって詳しく解説をいたしました。


 
★お昼ご飯
 メインイベントのタケノコ掘りの前にまずは腹ごしらえ。
 ボランティアスタッフが作ったタケノコ焼きとタケノコ味噌汁に舌鼓!

木漏れ日の中で食べるお昼は
格別おいしい!
お味噌汁は竹の器入りでした。
器はボランティアスタッフの力作です。
焼きタケノコも
マキで焼く本格派でした!


 
★タケノコ掘り
 いよいよタケノコ掘りの開始です。
 今年は幸いタケノコが豊作で、参加者全員にお持ち帰りいただきました。

あちこちでニョキニョキ顔を出しているタケノコ。
ボランティアスタッフ達が普段から保全活動を
がんばっているので、とてもきれいな竹林です。
まずはスタッフがお手本を披露しました。 大人も子供もタケノコ掘りが初めての方が多く
スタッフのサポートを受けながら
みなさん頑張って鍬を振るっていました



★広場の遊びコーナー
 今回はタケノコ掘りだけではなく、クラフト体験の遊びコーナーもありました。
みんなで丸く座ってクラフト体験。 竹の花入れも作りました。 好きな木の実を付けて作るメモスタンド。
世界に一つしかない思い出の品ができました。


 協会ではイベントをとおしてトラスト運動を知ってもらうと共に、運動を支えてくださる会員を募集しています。
 今回、参加者とイベントをご覧になった一般の方の9名にご入会いただきました。
 ご協力いただいたボランティアスタッフの皆様ありがとうございました。