トップページイベント自然に親しむ会>保全8号地清掃・草刈り

自然に親しむ会
緑のトラスト保全第8号地「高尾宮岡の景観地」・北本市 清掃・草刈り

■ 年月日  平成19年9月29日(土)  午前9時~12時
■ 場 所   トラスト保全第8号地(高尾宮岡の景観地)
■ 天 気   雨
■ 参加者  ボランティアスタッフ・一般参加者11名  埼玉県みどり自然課2名 北本市3名  協会事務局1名

 早朝の小雨も作業の始まる9時には本降りとなるあいにくの天候の中、ヒガンバナの咲き誇るトラスト保全第8号地(高尾宮岡の景観地)で清掃・草刈りが行なわれました。
 北本市野外活動センターの東隣にある8号地入口に集合し、右に湿地、左に斜面林が広がる分岐点で打ち合わせをしました。この分岐点から入口にかけて歩道を確保するための除草を行うグループと、さらに東へ進みオオブタクサやセイタカアワダチソウなどを刈り取るグループに分かれて作業しました。開始当初は傘をさしていた参加者も、熱が入るにしたがい、傘を放り出しての懸命な活躍でした。最後に、公道にはみ出したオオブタクサ等の排除と捨てられたペットボトルなどの除去作業が終わると、道が広くなったように感じられるという参加者の声がありました。道路からの8号地の見通しも大変よくなりました。近隣のみでなく、遠方の地区のボランティアスタッフの参加も頂き、予定通り作業を終了することができました。この頃には雨はあがり、最後に、作業中に拾った栗を少しずつ分け合い解散しました。
 なお、8号地については、今年度中に遊歩道の整備や案内板の設置等の保全整備工事が行われた後、一般公開されることになっています。