トップページイベント自然に親しむ会>一斉清掃and国蝶オオムラサキ観察会
一斉清掃

■日時 平成19年 7月22日(日)  7時~8時
■場所 トラスト保全第4号地 飯能河原周辺河岸緑地
■天気 雨
■参加者 一般参加者 41名(三丁目自治会)   ボランティアスタツフ 3名 飯能市職員 1名   協会事務局  1名
 7月22日(日)、朝7時からトラスト保全第4号地において、地元三丁目自治会と共同で河原を中心に一斉清掃を行いました。あいにく雨の中でのゴミ拾いとなりましたが、子どもたちも多数参加して実施されました。河原遊びのシーズン前であり、ゴミの量は少なく、約1時間の清掃で3袋ほどのゴミを収拾しました。

国蝶オオムラサキ観察会

■日時 平成19年 7月22日(日) 9時~11時30分
■場所 トラスト保全第4号地 飯能河原周辺河岸緑地
■天気 曇り時々晴れ
■講師 4号地 ボランティアスタッフ
■参加人数 一般参加者 7名(大人4名、子ども3名)   ボランティアスタツフ6名 飯能市職員2名   協会事務局 1名

オオムラサキのオス
 7月22日(日)、トラスト保全第4号地において、国蝶オオムラサキ観察会が開催されました。朝方の雨は幸いにも止みましたが、蒸し暑い天候のもとでの開催となりました。まず、4号地の保全状況の説明がありました。市民の方々の保全への理解を得てから、いよいよ観察会に出発しました。カタバミを探すとヤマトシジミの卵を次々に採取しました。約1箇月で成虫になると講師から説明を受け、参加者は夏休みの自由研究用に持ち帰りました。左岸雑木林の萌芽更新を見ました。途中でモンキアゲハも観察することが出来ました。左岸に渡り、雑木林に入ると、樹液の周りには、カブトムシ、コガネムシ、そして、ついにオオムラサキを発見しました。幸いにオスだったので、美しいブルーを観ることが出来ました。4号地の保全状況や、動植物に直接触れあうことができ、自然の美しさ、大切さを学ぶ環境学習の機会になりました。


第6回写真コンクール入賞作品 オオムラサキ 大石章氏撮影