トップページイベント自然に親しむ会>親子でシイタケのコマ打ちとクラフトづくりを楽しむ

自然に親しむ会
親子でシイタケのコマ打ちとクラフトづくりを楽しむ

■平成19年3月4日(日) 午前10時から12時30分
■天気 晴れ
■場所 武蔵嵐山渓谷周辺樹林地(トラスト保全第3号地)
■参加人数  一般84名  ガールスカウト日本連盟50名 ボランティアスタッフ27名  (社)埼玉県造園業協会3名 監事1名 嵐山町2名 埼玉県みどり自然課 4名  事務局3名

 さいたま緑のトラスト協会と埼玉県の共催で、武蔵嵐山渓谷周辺樹林地(トラスト保全第3号地)でシイタケのコマ打ち体験、ヒノキの間伐材の輪切り体験、クラフト体験を行いたしました。参加者の皆さんは、グループに分かれ、各コーナーを巡りました。春の光のふりそそぐ暖かな一日を親子で楽しい時間を過ごしました。

シイタケのコマ打ち体験
 
秋に伐ったクヌギやコナラの間伐材をボランティアの方々が90cmに切り準備してくれました。初めての体験に戸惑いながらもドリルで穴を開け、種菌を穴に入れて完成。キノコができる2年後が楽しみという参加者の声が聞こえてきました。

ヒノキの輪切り体験
 
間伐したヒノキを輪切りにする体験では、のこぎりの使い方からボランティアに指導してもらいました。輪切りにしたヒノキの匂いのよさに参加者は感激していました。

クラフト体験
 
川本園から寄附された埼玉県産材のヒノキを台にして、メモホルダーを作りました。台をサンドペーパーで磨くとヒノキのいい香りがして、参加者は驚いていました。園芸用の針金、クヌギ、マテバシイ、カラマツの実で思い思いの作品を仕上げていました。部屋の中に自然のものがあることで、ちょっと心が温かくなるといいですね。

一般参加者解散後

怪我人もなく無事にイベントを終了できました。
ボランティアスタッフの皆さんお疲れ様でした。特に3号地のボランティアの方々は間伐から、道具の調達、会場の準備等イベントに向けての準備をしていただきました。ありがとうございます。

静かになった会場にお客さん-ヤマガラ
ガールスカウトの皆さんは、バスの来るまでの待ち時間にブーブー笛を吹いたり、川原で遊んだり、特設ブランコに乗って遊びました。
嵐山渓谷には多くの生きものが生息しています。生態系豊かな自然を守るために、あなたの力を貸してください。