トップページイベント事務局からのお知らせ >ボランティアスタッフ登録説明会

ボランティアスタッフ登録説明会

ボランティアスタッフ登録説明会が参加者12名を迎えて開催されました。
■年月日 2006年5月20日(土) 10時~13時 
■天気 晴れ
■場所 トラスト1号地見沼田圃斜面林
■講師 牧野理事
■参加者 一般12名 ボランティアスタッフ8名 理事1名 評議員1名 県みどり自然課1名 事務局2名 

日程
10:10 開会式
10:15 牧野協会理事による自然観察
11:10 休憩
11:20 梶間評議員(トラスト1号地ボランティアスタッフ)による説明
11:30 1号地ボランティアスタッフによる「ボランティアの楽しみ」
11:45 昼食・・・・昼食後、事務局長「ボランティアスタッフの役割」 
12:50 閉会式
13:00 解散
解散の後、有志の方々で、クヌギとコナラの植樹を行いました。

皆で力を合わせて竹を倒しました

竹を切りました

根からタケノコが出ている様子

牧野理事による竹の解説

竹林にぬかをまきました

コナラ、クヌギを植林をしました



【参加者感想】
自然とふれあう貴重な体験をさせていただきましてありがとうございました。自然のそよ風が大好きですが、そのくせなにもできない。なにも知らない、強い雨や風はこわいけれど自然を愛し、残すために何かの役に立てたらうれしいと思います。よろしくお願いいたします。


【ボランティアスタッフメモ】
牧野理事の解説・・・・モウソウチク(孟宗竹)は中国原産で江戸時代中期に薩摩藩に渡来。タケノコを食べるということの歴史は浅く、第2次世界大戦後の食料不足を補うためにタケノコが食べられるようになった。タケノコを取ることで竹林が元気になると解説していただいた。
竹の根からタケノコがどのように生えているかみることができたのはとても参考になった。根のところに次に生えるための1cmほどの小さなタケノコがスタンバイしていることに、植物の生きるための智恵を感じた。昼食後、参加者全員の感想が聞けたのも楽しかった。